ユーグレナとプラセンタの違い

最終更新日 2019年7月24日

監修:健康管理士・サプリメントアドバイザー
 槙田 美登里

いつまでも若々しいお肌を保っていたいというのは、すべての女性の望みではないでしょうか。しかし、年齢とともに実感するのが肌の衰え。

お肌のシミ、シワ、たるみが気になり始めて、もう化粧品だけでは無理かも・・・
しっかり内側からもケアしたいと思うけれど、本当のところ何がいいの?

お肌にいいって聞くけど、プラセンタって何?ユーグレナでお肌が甦るって本当?
何が違う?どう選べばいい?そんな疑問にお答えします。

ユーグレナとは

ユーグレナは、和名を「ミドリムシ」という、体長0.05mmほどの微生物です。
顕微鏡でなければ見ることのできない小さな生物ですが、昆布やワカメと同じ藻の仲間に分類されます。

体内にクロロフィル(葉緑素)を持っていて光合成を行う植物の性質と、自ら動くという動物の性質も持った珍しい生き物です。植物と動物両方の性質を持った非常に珍しい微生物なのです。
2005年、東京大学発ベンチャー企業の株式会社ユーグレナが、ミドリムシの食品としての大量培養に成功。 59種類という豊富な栄養素と驚きの消化率、そしてパラミロンとよばれる独自成分が話題となり、人気を集めているスーパーフードです。

【関連記事】
ミドリムシについて 詳しくはこちら >

プラセンタとは

プラセンタとは、哺乳類の胎盤のことです。妊娠中のお母さんの体と胎児をつなぐ器官で、胎児へ酸素や栄養素を供給して老廃物を受け取る機能や、血液やたんぱく質をつくる、ホルモンを分泌する、などの大切な働きがあります。その胎盤から抽出され作られるのがプラセンタエキスです。

医療機関で行なわれるプラセンタの注射は、肝障害や更年期障害の治療に用いられるほか、美肌や美白、シワ・たるみの改善に美容目的で利用するケースも増えています。

プラセンタの中でも、ヒト由来のものは医薬品成分ですので、健康食品に使うことはできません。健康食品やサプリメントには、ブタあるいはウマ由来のプラセンタエキスが多く使用されているようです。

胎児の生命を育むための器官ですので、プラセンタはアミノ酸、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などの豊富な栄養素のほかに、細胞の新陳代謝を促す成長因子を含んでいます。

細胞を活性化させ、活性酸素を除去すると言われていて、疲労回復やホルモンバランスの調整、新陳代謝の向上などの効果が期待されています。
プラセンタは、アンチエイジングなど美容目的でとても人気のある素材です。

しかしながら、プラセンタはもともと動物の臓器ですので、感染のない健康な家畜から採取して衛生的に製造・加工されているかなど、信頼できるものを選ぶことがとても重要です。

参考:健康産業新聞【特集】プラセンタ、美と健康テーマに国内外で評価進む
https://www.kenko-media.com/health_idst/archives/11510

ユーグレナとプラセンタ。本質的な違いとは?

プラセンタもユーグレナもアミノ酸やビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富に含まれているという点では、共通するところがあります。
しかし、ユーグレナはパラミロンという独自の成分を持つところは、両者の大きな違いです。

また、プラセンタは家畜の臓器からエキスを抽出したものですので、そのままではにおいが強く飲みにくさがあります。
かといって、飲みやすいものは香料や甘味料など添加物が多く、肝心の有効成分が少ないなどの懸念があります。

ユーグレナは、植物と動物両方の特徴を持っていますので、栄養素の豊富さだけでなく、
光合成を行い自ら栄養素を作り出すことができます。
食品として培養されているものですので、安全性の上でも安心して口にすることができるものです。

お肌の老化を防ぐには

年齢とともにお肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れると、避けられないのが、シミ・シワ・たるみなどのお肌の老化。

肌の土台を作りハリや弾力を高めるのがコラーゲンですが、体内で生成されるコラーゲン量が減ってくると、シワやシミなどができやすくなってしまいます。
このコラーゲンの原料となるのは、タンパク質と鉄やビタミンC。お肌の潤いには、ビタミンAも欠かせません。

そのため、お肌の老化のスピードを抑えて、ハリのある若々しいお肌を保つには、バランスよく栄養素を摂取することが大切なのです。

そして、お肌の材料となる栄養素をしっかり摂るだけではなく、体内の不要な老廃物を排出することも、お肌を若々しく保つには同じように大切なことです。

お肌にも効く?ユーグレナの栄養素

ユーグレナには、 ビタミン14種、ミネラル9種、アミノ酸18種(うち必須アミノ酸9種)、不飽和脂肪酸11種、その他パラミロンも含め59種類の栄養素が含まれています。

私たちが肉・魚・野菜などから摂取すべき栄養素のほとんどが、ユーグレナには含まれているのです。

しかも、ユーグレナの消化率はなんと93.1%。野菜や果物の消化率が40%前後であるのと比べても、非常に効率よく消化吸収されることがわかります。

私たちの体は、骨や筋肉、臓器、そしてお肌も、すべて私たちが食べたもの、消化吸収した栄養素からできていますから、お肌の生まれ変わりを活性化させてお肌の老化を防ぐにも、バランスよく栄養を摂取することはとても大切なことです。

ストレスにさらされることが多い現代人は、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しがちです。このような栄養素の不足は、疲れがとれない、冷え性、アレルギーなどのさまざまな不調を引き起こすとともに、お肌にも大きく影響を与えます。

体に必要な栄養素をバランスよく取り入れ、効率よく消化吸収して、お肌まで十分に栄養を行き渡らせましょう。

【関連記事】
ミドリムシの驚くべき栄養とは? >

美肌はデトックスから

ユーグレナには、「パラミロン」という、地球上でユーグレナだけが持っている成分があります。
パラミロンは、βグルカンの一種で、粒子螺旋が絡まったような複雑な構造をしていて、表面には無数の小さな穴(ミクロホール)が開いており、コレステロールなどの不要物を吸着すると言われています。
食物繊維と同じように、難消化性の性質のため体に吸収されずに排出されます。

腸の活動を活性化するうえ、乳酸菌との相性が抜群で、腸内環境を改善する働きにも期待されています。

体の中に老廃物がたまっていると、さまざまな不調を引き起こすことになりかねません。
便秘になりやすいのはもちろん、腸内環境が乱れることでシミや肌荒れなど肌トラブルが起こりやすくなったり、むくみや冷え性などの原因にもなります。

体の中に老廃物をためこまず、日々体から毒素を排出することは重要なことです。上手にデトックスを行い新陳代謝を高めて、シミ・シワ・たるみのないハリのある若々しいお肌を取り戻しましょう。

【関連記事】
パラミロンがもたらす効果について >

まとめ

お肌の老化のスピードを抑えていつまでも若々しいお肌を保つには、お肌を作る材料となる栄養素が欠かせません。

健康な肌のためには、十分なタンパク質のほかに、亜鉛、ビタミンB12、葉酸なども必要です。お肌の保湿をサポートしてくれるのはオメガ3系の脂肪酸です。
紫外線やストレスに対抗する抗酸化物質もしっかりとっておきたいものです。

それと同時に体の中に毒素をためこまないようにすることも重要です。

必要な栄養素をきっちり摂り入れて、不要なものはしっかり出すことで、若々しいお肌を保つことができるのです。

「ユーグレナ」がアンチエイジングサプリとしても人気を集めているのは、59種類ものバランスのとれた栄養素と、独自の成分パラミロンを持っているからです。

そして、自然豊かな石垣島で太陽と水の恵をたっぷり受けて、食品として培養されたユーグレナは安心して口にできる健康食品です。
いつまでも美しく、イキイキと健やかに過ごしたいと願うすべての女性の味方になってくれることでしょう。

監修:サプリメントアドバイザー・健康管理士 槙田 美登里

いのちのユーグレナはこちら
いのちのユーグレナはこちら