ミドリムシ(ユーグレナ)とは

最終更新日 2019年8月21日

監修:健康管理士・サプリメントアドバイザー
 槙田 美登里

このページでは、サプリの主原料であるミドリムシの栄養素、
他の生物と異なる特徴、独自成分パラミロンに期待される効果について
詳しく解説いたします。

5億年以上前に誕生した原生動物、ミドリムシ(学名:ユーグレナ Euglena)は植物と動物両方の性質を持った微細藻類です。

その名前から虫と勘違いされることがありますが、昆虫とはまったく異なりワカメやコンブなどと同じ緑藻、「藻」の仲間です。
体長は直径0.06~0.09mで顕微鏡でしか見ることができません。
その小さな体にはすごいパワーが秘められています。

植物のように葉緑体を持ち、光合成をして体内に栄養分を自ら作り出し、蓄積することができます。さらに、動物のように細胞を変形させて動き回ることもできます。
ミドリムシは植物と動物両方の素晴らしさを兼ね備えた不思議な微生物なのです。
その種類は実に世界中で100以上も存在し、種類によって大きさや栄養素が異なります。育っている環境もさまざまです。

▼ミドリムシを顕微鏡で見た映像▼

・提供:株式会社ユーグレナ
・COPYRIGHTⒸEUGLENA CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

ミドリムシは和名ですが、別名(学術名)としてユーグレナという名前でも呼ばれることがあります。 実際、この二つが同じものなのか、違うものなのか、気になる方はこちらもぜひご覧ください。

【関連記事】
ミドリムシとユーグレナって違うもの?同じもの? 詳しくはこちら>

食品として使われている「ユーグレナグラシリス」

今世の中に出ているサプリメントや食品に使われているミドリムシのほとんどは、ユーグレナグラシリスという品種です。市販のほとんどのミドリムシサプリのパッケージ裏面の成分表示にはユーグレナグラシリス Euglena gracilis と記載してあります。

ここ数年、ドラッグストアや薬局、スーパーでも商品がたくさん目につくようになったのは、株式会社ユーグレナが2005年に世界で初めてユーグレナグラシリスの大量培養に成功し、安定的に供給ができるようになったからです。

59種類の栄養素

ミドリムシ(ユーグレナグラシリス)は、植物の栄養素と動物の栄養素を併せ持っています。その種類は、ビタミンやミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、59種類。人間が必要とする栄養素はミドリムシのなかに存在しているといっても過言ではありません。
59種類の栄養素の中には、食品から摂取するしかなく、人間の体内では作ることができないものも含まれます。

動物性と植物性の栄養素を兼ね備えた59種類もの栄養素を持つユーグレナ、ではそれぞれの栄養素はどのような働きをしてくれるのでしょうか。
たとえば、ビタミンは他の栄養素がうまく働くためのサポート役として重要な役割を果たしてくれます。ミネラルは機能維持や調整の役割を果たしています。タンパク質の構成物質アミノ酸は、私たちの体を作り、人が活動し生きていくための重要な働きを担っています。不飽和脂肪酸で有名なDHAやEPAは、血液のコレステロール、脳を活性化させるなどの働きがあります。
ユーグレナに含まれる59種類の栄養素、その役割についてはこちらの記事も併せてご覧ください。

【関連記事】
59種類の栄養素とその働きについて  >

ギネスも認めたビタミンの宝庫!アボカドよりも凄いミドリムシ

アボカドの栄養価の高さはギネスブックでも認定され、世界中で食べられる38種類の果物の中で1位にランクされています。そのアボカドをはるかに超えるビタミンをミドリムシは含んでいます。

理想的なアミノ酸バランス

理想のアミノ酸バランスを100とした場合、ユーグレナのアミノ酸バランスのスコアは83と、大変理想に近いバランスでアミノ酸が含まれています。(クロレラは54、スピルリナは51)

これほど豊富な栄養素を持つユーグレナですが、ユーグレナが凄いのは、それらの栄養素が助け合って働くということです。ビタミンやミネラルは、生命活動に不可欠な微量栄養素ですが、他の栄養素と関わりあって機能するので、特定のものだけを多く補給するよりもバランスよく摂取することがとても大切です。 たとえば、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12は一緒に摂取することでお互いの働きを高めますし、ビタミンB6はビタミンB2の働きをサポートします。 また、ビタミンCは鉄の吸収を助け、ビタミンDはカルシウムの吸収を助けると言われています。
助け合って働くミドリムシの栄養素、詳しくはこちらも併せてご覧ください。

【関連記事】
ミドリムシの驚くべき栄養とは?ユーグレナサプリがマルチサプリと言われるワケ >

ミドリムシなら植物栄養素を効率的に吸収できる

野菜や果物の栄養素の消化率は、せいぜい40%前後だといわれています。どんなに野菜や果物を食べても、消化吸収されなければ意味がありません。それに比べて、ミドリムシの消化率はなんと93.1%です。

では、なぜこんなに高い割合で消化吸収ができるのでしょうか?

その大きな理由は、ミドリムシに細胞壁がないことにあります。
野菜をはじめとした植物の細胞には細胞壁がありますが、私たち人間は細胞壁を分解する酵素を持っていないため消化効率が悪くなります。

しかし、ミドリムシは細胞壁がなく細胞膜だけなので、野菜や果物よりも効率的に栄養素を消化吸収できるのです。

また、よくミドリムシと比較されるクロレラやスピルリナには細胞壁が存在するため、せっかくの栄養素も消化吸収されにくいという弱点があります。
植物と動物を併せ持ったミドリムシの特徴については
こちらも併せてご覧ください。

【関連記事】
ミドリムシの特徴 >

ミドリムシにだけ存在する「パラミロン」とは

パラミロンとはβ-1,3-グルカンの高分子体である特殊な天然物質です。
構造は、粒子螺旋が絡まったような複雑なもので、表面には無数の小さな穴(ミクロホール)が開いており、コレステロールなどの不要物を吸着すると言われています。
食物繊維のように、難消化性なので体に吸収されずに排出されます。他にもさまざまな働きをすることが研究結果で明らかになり、機能性食品としての活用が期待されています。

【関連記事】
パラミロンがもたらす驚きの効果について >

長寿の鍵「アディポネクチン」が増加

銀座サイエンス ペロ大森クリニック調べによると、ユーグレナグラシリス(ミドリムシ)1,000mgを1ヶ月飲用した結果、アディポネクチンが増加するとの発表がありました。

アディポネクチンとは?

1996年、大阪大学医学部の松澤裕次教授
(現住友病院長、内分泌代謝学)により発見された体の脂肪(脂肪細胞)から分泌されるホルモンです。
世界中の医学会が注目しており、スーパー健康ホルモン、長寿ホルモン、若返りホルモンなど別名がつくほどです。アディポネクチンは、誰でも体の中に持っていますが生活習慣や環境によって大きく差があると考えられています。アディポネクチンが少なければ血管や体の組織は早く老朽化し、メタボや糖尿病などの様々な病気を引き起こします。一方多ければ年を重ねても体を若く健康に維持することが期待できます。

※アディポネクチンは2015年10月28日 ためしてガッテンでも取り上げられました

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20151028/index.html?c=health

■ミドリムシサプリとは

ミドリムシは5億年も前からこの世に生き続けている生命体です。2005年、世界で初めて株式会社ユーグレナ社がユーグレナの大量培養に成功し、サプリメントが誕生しました。59種類もの栄養素が含まれていて、栄養価が極めて高いこと、 細胞壁がないからカラダに栄養素を吸収しやすく、消化率が高い こと、ユーグレナにしか存在しない、パラミロンという成分の様々な機能に期待が寄せられ、健康を願う多くの人々に人気のサプリメントとなりました。

【関連記事】
ミドリムシの歴史、魅力、選ぶ時のポイントについて >

■ミドリムシサプリが選ばれる理由とは

急増しているミドリムシサプリメント、その市場は通販を中心にさらに拡大しています。しかし、何となく聞いたことはあるけれど、どんなサプリメントなのか・・ 実際にどんな効果があるのか・・ご存じない方もまだ多くいらっしゃいます。 そこで、なぜ、「ミドリムシサプリメントが選ばれるのか」その人気の理由について詳しくはこちらをご覧ください。

【関連記事】
ミドリムシサプリが選ばれる理由 >
【関連記事】
ミドリムシサプリについて 選ぶポイント、安全性など詳しく見る >

ミドリムシの最新ニュース

■「みんなのミドリムシプロジェクト」2019年4月7日スタート!

~地球を救うかもしれない日本中のご当地ミドリムシをみんなで集めよう!~
「みんなのミドリムシプロジェクト」では、日本全国の『ご当地ミドリムシ』の収集と、収集した『ご当地ミドリムシ』の解析等の研究を実施し、産業利用の可能性を検討するプロジェクト。また、「みんなのミドリムシプロジェクト」を通して、より多くの方に生物に触れる楽しさや研究に関わる機会の提供が行われます。
プロジェクトに対する寄附金(募集額100万円)をクラウドファンディングで募集。その寄附金で作成したミドリムシ採取のための採水キットを全国各地の協力者に配布し、日本全国の湖沼における『ご当地ミドリムシ』のサンプリング(目標1000地点)をおこなっていただきます。収集された『ご当地ミドリムシ』は、ユーグレナ社と理研の共同研究チームにて、新規形質株の特定とライブラリ化、ならびに分子系統解析、形質解析、遺伝子発現解析を実施し、解析結果を用いてバイオ燃料やヘルスケアなどの研究開発への活用を検討するとのこと。地球を救うかもしれない!?市民参加型のプロジェクト。注目を浴びています。

引用:株式会社ユーグレナ ニュースリリース
https://www.euglena.jp/news/20190403/

■2019年5月 ユーグレナの脳の情報処理能力の向上や、心の健康スコアの向上などが確認されました

ミドリムシの効果効能についてこれまでも様々な期待がよせられてきましたが2019年5月 株式会社ユーグレナよりユーグレナの脳の情報処理能力の向上や、心の健康スコアの向上、運動速度の著しい向上が確認されました。
ユーグレナのこれまでの研究結果や最新の研究結果をまとめましたのでぜひご覧ください。

【関連記事】
ミドリムシの効果効能 >

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このようにミドリムシは、栄養が豊富に含まれるだけでなく、体内で栄養が消化吸収されやすい細胞の構造、体内の不要なものを排出する働き、そしてさらに、現代社会が抱えている環境問題の解決の糸口になる可能性も秘めている、素晴らしい生命体なのです。
ミドリムシがこれほどまでに話題になり、多くの方がリピートする人気商品になった理由はココにあります。
健康食品にとどまらず、食品以外にも、化粧品としての利用や飼料、地球温暖化防止に期待のバイオ燃料の生産に関する研究開発も進み、実用化にむけて動いています。
5億年前から生き続ける、生命力あふれる不思議な生命体ミドリムシ。
ぜひそのチカラを、あなた自身でも感じてください。

監修:サプリメントアドバイザー・健康管理士 槙田 美登里

関連記事
59種類の栄養素
ビタミンやミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、59種類もの栄養成分が含まれているミドリムシ。ここでは、その栄養素についてご紹介いたします。
ミドリムシサプリが選ばれる理由
愛飲者が急増し、市場が拡大しているミドリムシサプリメント。なぜ選ばれているのか?その人気の理由について詳しく解説いたします。
ミドリムシ研究結果に基づく効果効能総まとめ
ミドリムシはその効果について様々な期待がよせられています。最新の研究レポートの内容や、他にはどんな効果があるのか?詳しく解説します。
ミドリムシの驚くべき栄養とは?
ミドリムシは豊富な栄養素からマルチサプリとしても人気です。数多くのサプリはありますが、ユーグレナだからこその魅力とは?
ミドリムシ 効果がない!?
中にはミドリムシを試したものの、「あまり効果が感じられない」という方も。効果がないのにはちゃんと理由があるのです。詳しく解説いたします。
パラミロンがもたらす効果について
ミドリムシだけにしか含まれない固有の成分パラミロン。人の身体に様々な健康効果をもたらすとされている、その素晴らしさについてご紹介いたします。
どんな人にオススメ?
59種類の栄養素が含まれ、体内の不要なものを排出する働きもあるミドリムシは、どんな方にお勧めなのでしょうか?詳しく解説いたします。
ミドリムシサプリとは?
2005年から販売されているミドリムシサプリの歴史と選ぶポイントについてご紹介しています。
副作用はあるの?
サプリメントを選ぶとき気になるのは、副作用がないか?安全性に問題はないのか?といった不安も湧いてくると思います。ここではミドリムシの副作用や安全性についてご説明いたします。
飲み方
より実感していただくために、オススメの飲むタイミング、量について。また、飲みやすい形状や薬と一緒に飲んでいいか?などご説明いたします。
ミドリムシとユーグレナって違うもの?
ミドリムシとユーグレナ、2つの名前が有名ですが、違いはあるのでしょうか?この名前の違いと成分の特性についてご紹介します。
他の生物と異なる特徴
栄養が豊富な食材として、また新たな栄養・美容のサプリメントなどとして話題のミドリムシ。独自の性質や特徴、そして未来への可能性などをご紹介いたします。
ミドリムシダイエットは本当に効果があるのか?
ダイエットに取り組む方からも注目されているミドリムシ。その期待される効果とは?
ユーグレナが心の健康にいい理由とは?
2019年5月ユーグレナが心の健康スコアを改善させる働きがある事が発表されました。心の健康とは?ユーグレナがなぜ心に働きかけるのか?詳しく解説します。
ユーグレナとプラセンタの違い
お肌にいいと言われるプラセンタと、美肌を実感できると話題のユーグレナ、2つはどう違うのでしょう?詳しく解説します。
いのちのユーグレナはこちら