シックスセンスラボ通信 シックスセンスラボ通信

「非アルコール性脂肪肝」お酒を飲まないのになってしまう脂肪肝にユーグレナが!?

2018.12.10
ユーグレナラボ

ユーグレナ粉末もしくはパラミロン粉末継続摂取により非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の肝臓における線維化抑制を示唆する研究結果が確認されました

 

非アルコール性脂肪性肝炎とは?

ウイルス性や過度の飲酒による肝臓秒ではなく、それらとは全く関係なく発症するものです。

原因として考えられているものは生活習慣の乱れ・ストレス・運動不足などです。

また現代の日本人は昼夜逆転の生活をしている人も少なくなく、

そういった体内のバランスを崩すダメージが蓄積され、発症する人が増えています。

人間ドックを受け、非アルコール性脂肪肝炎に罹患している人は30~40%、推定で1000万~2000万人の潜在患者がいると言われています。

 

放っておくと、命に係わる病気に進行する可能性があるため、注意が必要です。

参考:国立研究開発法人 国立国際医療研究センター・肝炎情報センター
http://www.kanen.ncgm.go.jp/cont/010/shibousei.html

  • 研究の内容非アルコール性脂肪性肝炎を発症させたマウスを、

①通常のエサのみを摂取させたコントロール群、

②ユーグレナ粉末を加えたエサを摂取させたユーグレナ群、

③パラミロン粉末を加えたエサを摂取させたパラミロン群に分け、

それぞれ7日間経口摂取させた後、肝臓のα-SMAの免疫染色の陽性面積率を比較しました。

 


 

【結果】

②ユーグレナ群および③パラミロン群は、①コントロール群に比べてα-SMA免疫染色の陽性面積率が約40%減少。

⇒ユーグレナ粉末、またはパラミロン粉末の継続摂取により

 非アルコール性脂肪肝の原因となる、肝臓の線維化の抑制を確認。

※出典:2018年11月8日米国の学術誌「Food Science & Nutrition オンライン版」に掲載
※参照:株式会社ユーグレナプレスリリースより

 

 

 


 

【関連記事】

■ミドリムシダイエットは本当に効果があるのか? >

 

 


 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

「ユーグレナラボ」の
おすすめ記事

www.sixthsenselab.jp