シックスセンスラボ通信 シックスセンスラボ通信

パラミロンの摂取でアトピー性皮膚炎の症状が緩和されることを確認!

2018.01.08
ユーグレナラボ

パラミロンの摂取でアトピー性皮膚炎の症状を緩和することを示唆する研究結果を確認

 

パラミロン粉末を含んだエサを経口摂取させていたマウスに、アトピー性皮膚炎を発症させました。

その結果、パラミロン粉末を含んだエサを摂取したマウスでは、摂取したパラミロンの量が多くなるほど、皮膚炎スコアが抑えられ、

血清IgE(免疫反応に応じて産生されるたんぱく質)も抑えられました((a)(b)参照)。

 

また、皮膚科クリニックにて、10代~60代の男女でアトピー性皮膚炎患者である27名に2か月間パラミロン粉末を摂取してもらいました。

その結果、アトピー性皮膚炎の重症度を表す血中TARC値、血中好酸球値が低減し、アンケート調査でも患者のQOL(Quality of life=生活の質)が向上することが明らかになりました((c)(d)(e)参照)。

 

 

これらの結果は、パラミロン粉末の摂取によりアトピー性皮膚炎の症状が緩和することを示しています。

 

出典:A.Sugiyama et al. J Vet Med Sci. 2010 Jun;72(6):755-63. から改変、アンチエイジング医学(2015)

 

アトピー性皮膚炎とは?
アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が弱まり、「湿疹」や「かゆみ」を繰り返し発症しする状態のことです。
このような皮膚の炎症は本来は免疫反応によって起こるものですが、この免疫が過剰に反応することで不必要な炎症が起きているとも考えられています。

 

 

【関連記事】

■ ユーグレナと免疫の密接な関係 >

■ ミドリムシ(ユーグレナ)研究結果に基づく効果・効能【総まとめ】 >

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

「ユーグレナラボ」の
おすすめ記事

www.sixthsenselab.jp