シックスセンスラボ通信 シックスセンスラボ通信

実はあまり知られていない!?糖質のウソホント(2)

2018.12.04
美Healthyマガジン

「糖質は太る、だから炭水化物を抜く」

というのが、今や常識のようになっています。

 

果たしてそれは本当なのでしょうか?

 

天神ホリスティックビューティークリニックの

分子栄養学カウンセラー 大野 真理先生へのインタビュー後半編です。

 

前半はこちらから >> 

 

「甘いものが食べたい」は「栄養不足」のサイン

「甘いものが食べたい」は「栄養不足」のサイン

私も、甘いものを食べたくなった時は、疲れてるんだなーと感じます。

 

ただ、甘いものを食べると血糖値があがるので

一時的に元気になった気がしますが

実は時間がたつと、疲れやすくもなるんです。

 

その理由はビタミンB1にあります。

 

糖を代謝する時に、ビタミンB1が使われます。

 

つまり、甘いものをたくさん食べるとビタミンB1が枯渇します。

ビタミンB1が少なくなると、

糖質をエネルギーに変えられなくなり、疲れやすくなります。

 

そうするとまた甘いものが食べたくなり、

食べ続けてしまうという悪循環が生まれます。

 

 

私は、無性に食べたいという時は、ストレスがたまるので我慢しません。

 

ただ半分の量にするなど、少ない量にします。

もしくは、前もってゆで卵などのたんぱく質を摂る

血糖値が上がりにくくなり、おすすめです。

 


甘いものを食べたくなるのは健康のバロメーターです。

 

常に食べたくなる人は、ビタミンB1が足りなかったり、

腸内に「カンジタ菌」がいることがあります。

 

 

栄養状態や体調が悪いので、甘いものを食べたくなるんです。

 

まずは栄養のバランスを考えた食事で、体調を整えることが大切です。

体のためにおすすめの食べ方

まず「ベジファースト」、つまり最初に野菜を食べます

次に「たんぱく質」、そして「糖質」の多いもの、という順番がおすすめです。

 

おかずを1/3くらい食べてから、

ご飯や根菜類などを食べるといいと思います。

 

野菜が少ない時は、お味噌汁に糸寒天を入れて飲むこともおすすめです。

 

食物繊維と水分も摂ることができるので

食べ過ぎを防いでくれます。

 

あとは、食事のバランスも大切です。

 

糖質制限を意識している人は、お肉に偏りがちになります。

 

そうすると便秘や、ひどい時は動脈硬化にもつながることもあります。

 

お肉だけでなく、お魚も食べるようにして欲しいです。

もちろんお野菜もたくさん食べた方がいいと思います。


1食分の目安として、

お肉やお魚(たんぱく質)は片手に乗るくらい、

お野菜は両手に乗るくらいの量が目安です。

 

体のためにおすすめの食べ方

糖質も完全に抜かずに、自分のこぶし1つ分は食べてください。

 

大切なのは血糖値を急激に上げないこと。

それが難しい時はサプリの力を借りるのも、

賢い選択だと思います。

 

【関連記事】もしかして、ダイエットチャンス逃していない?ダイエットサプリの知って得する”からくり”とは

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+

「美Healthyマガジン」の
おすすめ記事

ABOUT

SHOPPING

CONTACT

COMPANY