シックスセンスラボ通信 シックスセンスラボ通信

夏より春の方が〇〇〇!?春を楽しむ3つのポイント

2021.04.12
美Healthyマガジン

筆者:米原

シックスセンスラボ カスタマーサポートチーム

日本ニュートリション協会認定サプリメントアドバイザー

 

 

うららかな春の日差しが心地よい季節。

そんな心華やぐ春ですが、実は春には意外な落とし穴が・・・!

 

さて、ここで問題です。

 

「夏より春の方が〇〇〇やすい。」

〇〇〇に入る言葉は何でしょうか・・・!?

 

【A】ふとり

【B】におい

 

答えは

 

B:夏より春の方がにおいやすい でした!

 

「えっ!夏の方が暑いし、汗もたくさんかくのに!?」

そう思った方も多いのではないでしょうか?

 

でも実は、春の汗の方がにおいやすいんです。

 

春を楽しむポイント①:汗のニオイに注意!

春はニオイのピーク期!

 

 

夏より春の汗の方がニオイやすいことをご存じでしょうか?

 

人は汗をかくことで体温を調整していますが、

冬場は寒いので汗をかく頻度が減り、

汗を出す汗腺の働きが弱まっています。

 

本来、汗を出す汗腺にはろ過機能があり、

ニオイの原因となる不純物はろ過されてから汗が出ます。

 

ところが、暖かい春を迎えると、

冬眠状態の弱った汗腺から急に汗が出るので、

ニオイ物質を十分にろ過ができません。

 

そのため、ミネラルを多く含んだ「ベトベト汗」になってしまいます。

 

この「ベトベト汗」はアルカリ性のため、

皮膚表面の雑菌にとっては好都合の環境です。

雑菌が繁殖しやすくなることで、

汗と混じって強いニオイを発生してしまうのです。

 

 

 

 

春は動いて汗腺を鍛えよう!

 

 

普段から汗をかいて汗腺を鍛え、

ニオイのない汗を出せる体を作ることが大切です。

 

とはいえ、大量の汗をかく必要はありません。

ウォーキングやヨガ、ストレッチなどの

じんわりと汗をかくような軽い運動で大丈夫です。

 

春風の心地よい季節。

 

健康のためにも、一駅前で降りてみたり、

意識的に階段を使うなどして、動く習慣を身につけましょう!

 

 

また、暖かくなってくると、お風呂はシャワーだけで

済ませるという方も増えてきます。

 

しかし、お風呂で湯舟にしっかりつかって汗をかくことで

汗腺は鍛えられます。

また、湯舟で全身を温めることで全身の毛穴が開き、

ニオイの原因となる皮脂汚れが落ちやすくなります。

 

動いた後は、ぜひゆっくりとお風呂につかって、

心身ともにリラックスする時間をとりましょう。

 

 

 

春を楽しむポイント②:春の日差し対策は抜かりなく!

 

ウイルス感染拡大防止で外出が減って

部屋の中ですっぴんで過ごす人も多いようです。

 

しかし、部屋の中とは言っても紫外線は容赦なく入り込んできます。

 

窓を通り抜けるUV-Aはちょうど今の時期から

急激に増える傾向にあるのです!

 

 

 

 

UV-Aは「隠れ紫外線」

 

 

紫外線の一つ「UV-A」は、肌の奥に到達して、シワやたるみの原因になります。

日焼けしても、痛みやほてりを感じにくいので

知らぬ間にダメージを蓄積してしまう、ちょっと怖い紫外線なのです。

 

しかも、屋外の約80%のUV-Aがガラスを通過するので注意が必要!

 

※ちなみにヒリヒリして肌が黒くなるのはUV-B(レジャー紫外線)が原因です。

 

 

 

 

春のオススメ紫外線対策

 

①PA+~++のUVケア商品を使う

PAの+の数はUV-Aを防ぐ目安値です。

外出時はもちろん、休日や在宅勤務の時も、

日焼け止めやUV防止できるパウダー等は欠かさないようにしましょう!

 

②UVカットのカーテンやフィルムを活用

UVがカットできるカーテンに買い換えて、

部屋の模様替えも同時に行い、気分一新してはいかがでしょう?

窓に直接貼れるUVカットフィルムを貼るのも手軽で便利です!

 

③サングラスで目からの日焼けを防止

レンズの色が濃いものは瞳孔が開き、

かえって紫外線を取り込みやすくなってしまいます。

UVカット機能がついている、薄い色やクリアのレンズがオススメ。

 

④日傘を選ぶなら白より黒!

白色は紫外線を反射するのに対し、

黒色は紫外線を吸収するといわれています。

照り返し対策のことを考えると、黒色のほうが良いと言われています。

 

春を楽しむポイント③:ストレスと上手に付き合う

 

春は別れと出会いの季節。

進学や入社、転勤などで、ご本人はもちろん、

ご家族の生活にも変化が生じることが多い時期です。

 

また、天候が変わりやすく、寒暖差も激しい季節でもあります。

 

そのため、知らず知らずのうちに体や心にストレスが加わり、

結果として様々な不調につながります。

 

 

 

 

このような症状はありませんか?

 

——————————————————

□ 疲れやすい、気力がわかない

□ 首や肩がこる、偏頭痛がする

□ 手足がだるい

□ めまいがする

□ 音に敏感になる

□ 寝つきが悪い、眠りが浅い、早く目が覚めて再び寝つけない

□ 心臓がドキドキする、脈がとぶ

□ 食欲不振、胃がもたれる

□ 下痢をする

——————————————————

 

これらの不調は、私たちの体が

過剰なストレス状態にさらされているというサインなのです。

 

 

 

 

ストレスと上手に付き合うためには?

 

 

一番は良質な睡眠をとることです。

 

睡眠は、心と体を休ませ、回復させてくれる、

とても大切な時間です。

 

◆眠る前の1時間はスマホを触らない

眠れないからといって、スマホを触っていると

かえって刺激になり、眠れない負のスパイラルに・・・。

脱スマホ時間を作りましょう!

 

 

 

◆お風呂で体温をあげる

体温が下がる過程で脳もお休みモードに切り替わります。

そのため、眠る60~90分前に湯舟につかって、

しっかり体温を上げておきましょう。

 

 

◆腹式呼吸でリラックス

呼吸を意識することで、余計なことを考えずにすみます。

たくさん息を吸うのではなく、ゆっくり息を吐くことを意識してみましょう!

また、腹式呼吸は副交感神経を優位にしてくれるので、

緊張状態にある体をリラックスさせることができます。

 

 

 

 

笑顔あふれる素敵な春に・・・

 

春は『ニオイ』『UV』『ストレス』と

意外な落とし穴があります。

 

でも、正しく理解して、きちんと対策することで、

春を思いっきり楽しむことができます!

 

ぜひ素敵な春をお過ごしください^^

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Google+
www.sixthsenselab.jp